薄毛 原因 ヘアカラー

女性の40代以降の薄毛の原因とヘアカラーの秘密!

40代以降の薄毛の方には、アルカリのヘアカラーには、髪の痛みや抜け毛の要因がたくさんあります。

 

その他の考えられる要因は睡眠不足・間違ったヘアケアーの習慣・やり過ぎのダイエット・ストレスの蓄積・喫煙・などが考えられます。直接的に髪の痛みになる、アルカリカラーは頭皮とても髪にとっても良くないです。

 

間違ったヘアケアーの問題に含まれるヘアカラーなのですが、ファッションや流行に、こだわるあまり、白髪の伸びた所だけ、染めるだけで良いにもかかわらず、全体を毎回染めるなどして髪を痛めてしまっている方も存在します。

 

どうしても1ヶ月には白髪は1センチはのびてしまいます。毎回全体を染めることは、髪の損傷が肥大していきます。最小限の髪の痛みを考えると、伸びた所だけを染めるリタッチをオススメします。

 

ただ髪は死滅細胞でもあります。髪をアルカリ染毛剤で染めると言う事は、一度髪をブリーチで脱色
してからカラーの色味を髪に定着させるという、お薬独自の働きで、どうしても髪の細胞を破壊して
しまいます。髪は健康にはならず、髪の薄毛と痛みは軽減できないままなのです。

 

髪を痛めず、白髪を隠したい。
女性の悩みは薄毛の方問わず、誰しもが持っている悩みでもあります。

 

そんな悩みを解決してくれる商品はコチラです。

 

髪に優しい白髪染めはこちら!